谷地中部小学校の校章  山形県西村山郡河北町立
 
谷地中部小学校

〒999-3513 山形県西村山郡河北町谷地字所岡73
TEL:0237-71-1104 
FAX:0237-71-1105
e-mail:chubu@hinanet.ne.jp

                校 長      石 垣 伸 介   
                                                                                                                                                                      (平成30年4月1日より)
    

                                    
 

緊急時の連絡   (緊急時には、この欄でもお知らせします。)

【緊急時の連絡は現在ありません。】
 
谷地中部小ホームページへのご訪問ありがとうございます。
 りがとうございます

 なさまに毎日ごらんいただき  
   
         
アクセス数 ついに 38

                                          絵文字:星絵文字:星
絵文字:星絵文字:星絵文字:星絵文字:星 
    絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ                  
    本校ホームページへのアクセス数が絵文字:重要  
                             
      絵文字:三人380,000しました絵文字:一人絵文字:一人       
      絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ
  
   これからも校のどもたちの
     らきら いきいき あたたかい姿を 

                       おとどけします。
 
 
ようこそ中部小へ387874
2011,12,28より

カウンタ 4月6日~

COUNTER45103

オンライン状況

オンラインユーザー19人

校長室から HPタイトル

No.8 修学旅行がくれたもの 
No.7    子どもの表現力の可能性
No.6 日常を送れる幸せ
No.5 晴天の下、持久走に挑む!
No.4 感動をありがとう~天使の歌声~
No.3
 走れ! いだてん
No.2 秋晴れの校舎 
No.1 ついに開設!
 

R1年度 2学期ホームページタイトル1

48
47 12/6   校舎、中庭に雪降り積む 
46 11/26 東京方面への修学旅行 2日目
45 11/25 東京方面への修学旅行 1日目
44 11/19  学習公開ありがとうございます
43 11/16  みんなでお祝いしました!学校の誕生日
42 11/12  6年生のバイキング給食
41 11/6 語り部の本の世界に引き込まれる 移動お話会
40 11/6 ゆったり本やお話の世界にひたる
39 11/6 YCMB! 東北大会出場
38 10/31 がんばれ YCMB! 谷地中部小学校マーチングバンド
37 10/29 子どもたちの豊かな表現力が発揮された文化祭 No.2
36 10/29 子どもたちの豊かな表現力が発揮された文化祭 No.1
35 10/24 JAさんから茶碗をいただきました
34 10/17 にこにこ食べて楽しく遊んで、わくわく弁当びらき、縦割り班遊び
33 10/11 ゴールめざして走りきりました
32 10/2 区長さん方との昼食会
31 9/30(月)前期が終わっての授業参観
30 9/25(水)すてきなハーモニーで始まり、明るい笑顔でおわりました
29 9/17(火) 谷地どんがまつりに参加!中部小豆奴
28 9/12(木)朝ご飯の大切さを知ろう
27 9/4(水)読書の秋にひたっています
26 8/29(木)すばらしい泳ぎ! 校内水泳記録会
25
8/21(水) 学校がピッカピカになりました
24 8/21(水) 2学期始業式
 

R1年度 1学期ホームページタイトル3

23  7 /26(金) 1学期が終了しました
22  7 /17(水) 眺葉園・谷地八幡宮での勇敢な奴ふり
21  7/12(金)   河北町の花 紅花摘み 
 

R1年度 1学期ホームページタイトル2

20  7/9(火)  喫煙することのこわさを知った防煙教室
19  7/8(月)  さくらんぼのプレゼントをいただきました
18  7/2(火)   町水泳大会壮行式
17  7/2(火)   交通指導員さん、毎日ありがとうございます。
16  6/24(月) 自然の中で共に過ごし、友情の絆を深めた宿泊学習(5年生)
15  6/20(木) 人権について考えよう
14  6/17(月) さわやかなあいさつをしよう
13  6/6(木) 白熱した大運動会
12  5/29(水) 運動会練習・総練習
11  5/16(水) 選手全員が全力を出しきった陸上大会
   
 

閲覧数の多かったHPです

絵文字:星 本校記録現在 
  1  閲覧数 2,100 H29 216  3/  9 (金)  学び舎を巣立つ6年生(奉仕活動)

   2  閲覧数 2,084  H29 139 11/ 2(木)   縦割り班対抗クイズ大会で大盛り上がり 

   位  閲覧数 2,057   H30 018 5/ 2(水)   心に残る美しさ(今年の桜)
 

これまでの理科センターの事業

(1) 研修事業
写真:第1回研修会 1.第1回研修会(14名) 5月28日(金)15:20~16:50
 <場所> 谷地中部小学校 理科室
 <内容> 低学年研修「自然物を使ったクラフト作り」
担当  和泉 洋子 教諭 (谷地西部小学校)
講師  川越 雅彦 教諭 (谷地中部小学校)
 井上 智子 教諭 (谷地中部小学校)
 朝日少年自然の家で行っている活動の中からクラフト作りを紹介してもらい、製作を行った。木の葉・小枝・ドングリ・松ぼっくり・板切れ等、様々な材料を準備してもらったので、木の葉にアクリル絵の具を塗ってスタンプしたハンカチ、ドングリに顔を描いた置物、草花をラミネートしたしおり、松ぼっくりや小枝で飾った写真立てなど、たくさんの作品を作ることができた。身近な材料を使って簡単に作れるということで、すぐに活用できる有意義な研修になった。

写真:第2回研修会 2.第2回研修会(18名) 7月28日(水)9:30~11:30
 <場所> 谷地中部小学校 図工室
 <内容> 中学年研修「ものの重さをしらべよう」
講師  山田 好広 教諭 (谷地南部小学校)
 長岡 裕子 教諭 (北谷地小学校)
 荒木 康子 教諭 (谷地中部小学校)
 新学習指導要領解説の理科改訂の趣旨と追加する内容を確認した後、移行措置単元「ものの重さをしらべよう」で使う実践セットを比較検討した。実際に教材を作って実験することで、手作り教材の良さ、各教材会社の実験セットの良さに気づくことができた。時間をとって数社の教材を比較検討する機会がほとんどないので、有意義な研修だった。その後、理科センター備品の「ソーラークッカー」で目玉焼きを作って試食した。太陽の力を改めて実感することができた。

写真:第3回研修会 3.第3回研修会(15名) 7月28日(水)9:30~11:30
 <場所> 谷地中部小学校 理科室
 <内容> 高学年研修  5年「もののとけ方」 6年「電気の利用」
講師  眞木 倫聡 教諭 (西里小学校)
 原田  淳  教諭 (谷地中部小学校)
 「もののとけ方」では、ミョウバンの大きな結晶を作るための準備や留意点等を詳しく説明してもらった。フィルムケースを利用し、個人での活動がしやすいように工夫されていた。
 「電気の利用」ではファラデーモーター作りを通して材料や形を工夫して作成にあたった。全員が回転させることができ達成感があった。発熱の利用として、電気パンを焼くための用具を作成した。原理的には単純なので用具さえ作っておけば各学校に帰っても簡単に電気パン焼きに取り組めると評判であった。

写真:親子天体観望会 4.親子天体観望会(町内の親子27家族・約70名)
8月8日(日)19:00~20:30
 <場所> 溝延小学校 グラウンド
 講師  岡崎  清美 氏(山形天文同好会)・北村山天文愛好会の方
 担当  大熊 篤久 教諭 (溝延小学校)
 西里小学校での実施を予定していたが、耐震工事の関係で、会場を溝延小学校に変更して行った。あいにく曇り空だったが、グラウンドに4台の天体望遠鏡を準備していただき、星や星座のスライド写真を見ながら雲が切れるのを待った。時折、星が見えると、子どもも大人も急いで大きな望遠鏡をのぞき込み、歓声を上げながら宇宙の星々に思いを馳せていた。参加者の中には、「上の子と参加した時に土星の輪がきれいに見えたので、下の子にも見せたいと思って参加した」という保護者の方もいて、親子で感動を共有できる本事業の意義を実感した。

  5.事務局員研修会(8名) 11月19日(金)15:30~17:00
 <場所> 谷地中部小学校 理科室
 <内容> 県理科教育センター事務局員研修会の伝達研修 等
 「ホバークラフト製作」
 講師  川越 雅彦 教諭 (谷地中部小学校)
 県の事務局員研修会の内容の中から、身近な材料を集めてホバークラフトの製作を行った。プロペラからの風の流れをためて前に進む原理や、本体を浮かせながら走るおもしろさを、製作を通して実感できた。材料の準備や製作の過程でやや難しい所もあるが、自分が作った物が実際に浮いて進む喜びは大きかった。
 研修会終了後、今年度の研修の反省、備品や会計についての打ち合わせを行った。

  6.中学校研修会(理科担当者4名)
 <場所> 河北中学校
 <内容> 教材開発の工夫
 「チオ硫酸ナトリウムを使った融点の測定」
 「全員体験型の水素の爆発実験」
 講師   奧山  亮  教諭 (河北中学校)
 現在融点の測定実験で使っているパルミチン酸は、試験管の中ですぐに固まってしまい、実験後の処理や保管が大変である。そこで、安全で処理が簡単な金魚の水のカルキ抜き「チオ硫酸ナトリウム(ハイポ)」を用いることを提案した。
 また、安全に爆発のダイナミックさをつかませることのできる水素の爆発実験装置を工夫し、1年の1分野「気体の性質」の導入実験に用いた。生徒の興味関心を高めるとともに、クラス全員で体験し結果を確認することで、「学びの共有」ができた。


(2)その他の事業
  • 小学校理科自由研究の手引き発行(7月上旬)
  • サービス活動  ヒメダカや消耗品等の共同購入、VTR・理科センター備品の貸し出し
  • 理科教育センターHPの更新(3月下旬)
  • 所報「45号」発行(3月中)